読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinuxでCVS処理

サンプルは以下。

20130201070000,91.699
20130201070100,91.690
# yyyymmddhhmmss, price

cutコマンドを利用する。cutコマンドは、ファイルの各行に対して指定した部分の文字列を切り出すコマンド。

カンマで分割し、左から2列目を切り出す。

$ head USDJPY_20130201.csv | cut -d "," -f 2
91.699
91.690

x文字目からy文字目まで切り出す。下記例は、-c (character)の7-10までを切り出し。

$ head USDJPY_20130201.csv | cut -c 7-10
0107

複数列挙可能。間に文字列を挟みたい場合はまだ分からない。

$ head USDJPY_20130201.csv | cut -c 1-4, 16-
201391.69