読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VirtualBoxで、共有フォルダを利用する(CentOS 6.4編)

VirtualBoxでゲストOS−ホストOS間でファイルをやりとりするケースは多い。ファイルのやりとりだけなら、VirtualBoxの共有フォルダを利用するのが簡単。

利用するためには、VirtualBoxのGuest Additionsをインストールし、共有フォルダの設定を行う。

Guest Additionsのインストール

準備

Guest Additionsのインストールに必要なファイルのインストール

# yum install gcc make kernel-devel
Guest Additions導入
  1. VirtualBoxのツールバーから、[デバイス(D)]から[Guest Additionsのインストール(I)] を選択し、Guest Additions CD-ROMイメージのマウント。
  2. LinuxでCDROMドライブをマウントする。
# mkdir -p /mnt/cdrom
# mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom/
# cd /mnt/cdrom/
# ls -l
合計 52898
dr-xr-xr-x. 2 root root     2048  7月  4 23:19 2013 32Bit
dr-xr-xr-x. 2 root root     2048  7月  4 23:19 2013 64Bit
-r-xr-xr-x. 1 root root      647  9月 13 21:57 2012 AUTORUN.INF
dr-xr-xr-x. 2 root root     2048  7月  4 23:19 2013 OS2
-r-xr-xr-x. 1 root root  9133518  7月  4 23:18 2013 VBoxLinuxAdditions.run
-r-xr-xr-x. 1 root root 19089408  7月  5 00:10 2013 VBoxSolarisAdditions.pkg
-r-xr-xr-x. 1 root root 15999344  7月  4 23:04 2013 VBoxWindowsAdditions-amd64.exe
-r-xr-xr-x. 1 root root  9611144  7月  4 22:56 2013 VBoxWindowsAdditions-x86.exe
-r-xr-xr-x. 1 root root   311568  7月  4 22:55 2013 VBoxWindowsAdditions.exe
-r-xr-xr-x. 1 root root     6966  7月  4 23:14 2013 autorun.sh
dr-xr-xr-x. 2 root root     2048  7月  4 23:19 2013 cert
-r-xr-xr-x. 1 root root     5523  7月  4 23:14 2013 runasroot.sh
#./VBoxLinuxAdditions.run

インストール後、reboot

共有フォルダの設定

まずは、対象のゲストマシンの共有フォルダを設定する。
対象の仮想マシンを選択 -> [設定] -> [共有フォルダタブ] -> [新規共有フォルダの追加]
フォルダ名を控えておく。ここでは、VmSharedにした。

ゲストOS上でこの追加した共有フォルダをマウントする。

# mkdir -p /mnt/shared
# chmod 777 /mnt/shared
# mount -t vboxsf VmShared /mnt/shared
# ls -l /mnt/shared

ホストOSの共有フォルダが見えているはず。