読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務の流れを20にまとめた「Workflow Patterns」

Simply Messing About in Boats

目次

Workflow Patternsとは

簡単に言えば、企業における業務フローのパターン集である。企業で利用するシステム開発では、会社でどのような業務を行っているかを観察し、分析*1することが肝要である。このパターン集は、それらを支援するための1種のフレームワークである。

公式サイト(Workflow Patterns Home Page)では、下記のように記されている。

The Workflow Patterns Initiative was established with the aim of delineating the fundamental requirements that arise during business process modelling on a recurring basis and describe them in an imperative way. The first deliverable of this research project was a set of twenty patterns describing the control-flow perspective of workflow systems.

簡単に訳すと、

  • ビジネスモデリングで繰り返し現れる基本的な要件を記述
  • ワークフローシステムの制御フローを20パターンにまとめた

である。

Workflow Patternsで扱っているもの

Workflow Patternsでは、下記5つのパターン集が公開されている*2

  1. Control
  2. Resource
  3. Data
  4. 例外処理
  5. Presentation

Workflow Patternsの構成

ControlやResouceは、それぞれのパターンが下記構成でまとめられている。

  1. Pattern No. & Pattern Name
  2. Image or Animation *3
  3. Description(説明)
  4. Synonyms(別名)
  5. Examples(事例)
  6. Motivation(必要性??)
  7. Overview(概要)
  8. Context(文脈)
  9. Implementation(実装状況)
  10. Issues(課題)
  11. Solutions(解決)
  12. Evaluation Criteria(評価基準)
  13. Product Evaluation(製品評価)

構成を分析すると、なかなか良く考えられた構成になっていることが分かる。

1~5が、パターンの概要。 6~9が、パターンの詳細。 10~11が、メリットや使い所の説明。 12~13が、使える場所の説明。

概要でつかみ、詳細で説明し、メリットを伝え引き込み、最後に利用できる製品紹介を行っている。

何かを説明する際には、便利な構成かもしれない。

*1:図や言葉を用いて表し、問題の有無を発見したり、改善できる余地が無いかを検討すること

*2:残念ながら詳細には把握できていない

*3:Coloured Petri netの形式。ペトリネットとは、離散分散システムを数学的に表現する手法とのこと