Mysqlで50音検索(あ行で始まるレコードを検索する)

検索できるのに50音検索なんて必要なのか? という疑問を抱きつつも、やってみたら意外に面倒だったのでメモしておく。

あ行

SELECT * FROM table  WHERE name REGEXP '^(あ|い|う|え|お|ア|イ|ウ|エ|オ)+';

英数字

SELECT * FROM table  WHERE name REGEXP '^([a-zA-Z0-9])+';

ただし、括弧(「や【)で始まる文字列もあり、それらは上記ではヒットしない。

.htaccessが利用可能かの確認方法

ErrorDocument 404 http://www.google.com/

一行テキストボックスの横幅を入力データの長さに合わせる

Webページを印刷する際、一行テキストボックスに長いデータが入っている場合、はみ出た文字列が印刷されないという課題がある。 そのため、画面を表示する際に一行テキストボックスの横幅を、入力されているデータの長さに合わせてリサイズするようにした。

  $('input[type="text"]').each(function( index ) {
       $(this).attr('size', $(this).val().length * 2);
  });

Demo

業務の流れを20にまとめた「Workflow Patterns」

Simply Messing About in Boats

目次

Workflow Patternsとは

簡単に言えば、企業における業務フローのパターン集である。企業で利用するシステム開発では、会社でどのような業務を行っているかを観察し、分析*1することが肝要である。このパターン集は、それらを支援するための1種のフレームワークである。

公式サイト(Workflow Patterns Home Page)では、下記のように記されている。

The Workflow Patterns Initiative was established with the aim of delineating the fundamental requirements that arise during business process modelling on a recurring basis and describe them in an imperative way. The first deliverable of this research project was a set of twenty patterns describing the control-flow perspective of workflow systems.

簡単に訳すと、

  • ビジネスモデリングで繰り返し現れる基本的な要件を記述
  • ワークフローシステムの制御フローを20パターンにまとめた

である。

Workflow Patternsで扱っているもの

Workflow Patternsでは、下記5つのパターン集が公開されている*2

  1. Control
  2. Resource
  3. Data
  4. 例外処理
  5. Presentation

Workflow Patternsの構成

ControlやResouceは、それぞれのパターンが下記構成でまとめられている。

  1. Pattern No. & Pattern Name
  2. Image or Animation *3
  3. Description(説明)
  4. Synonyms(別名)
  5. Examples(事例)
  6. Motivation(必要性??)
  7. Overview(概要)
  8. Context(文脈)
  9. Implementation(実装状況)
  10. Issues(課題)
  11. Solutions(解決)
  12. Evaluation Criteria(評価基準)
  13. Product Evaluation(製品評価)

構成を分析すると、なかなか良く考えられた構成になっていることが分かる。

1~5が、パターンの概要。 6~9が、パターンの詳細。 10~11が、メリットや使い所の説明。 12~13が、使える場所の説明。

概要でつかみ、詳細で説明し、メリットを伝え引き込み、最後に利用できる製品紹介を行っている。

何かを説明する際には、便利な構成かもしれない。

*1:図や言葉を用いて表し、問題の有無を発見したり、改善できる余地が無いかを検討すること

*2:残念ながら詳細には把握できていない

*3:Coloured Petri netの形式。ペトリネットとは、離散分散システムを数学的に表現する手法とのこと

事故の分析・再発防止対策を行うための4M5E分析

error

目次

概要

  • ヒューマンエラーの分析手法
  • NTSB(米国国家運輸安全委員会)の事故調査手法が起源とされる
  • 4M4E分析手法を改良
  • 事故要因の分析を4つのMの観点から行い、それぞれの要因に対して、対策立案を5つのEの観点から行うマトリックス式の分析手法。

4Mとは

  1. Man(人)
  2. Machine(設備・機器)
  3. Media(環境)
  4. Management(管理)

5Eとは

  1. Education(教育・訓練)
  2. Engineering(技術・工学)
  3. Enforcement(強化・徹底)
  4. Example(模範・事例)
  5. Environment(環境)

4M5Eでは、前進の4M4Eに加え、Environment(環境)が追加されている。

所感

事故・トラブルの原因分析および対策では、発生要因を抜けのないように明らかにし、再発しないように(網羅的な)対策を講じることが大切。4M5E分析では、抜けや網羅性を確保するために、4Mと5E。そして、それらを組み合わせたマトリックスを活用している。

参考

トラブル事象分析手法 4M5Eの紹介

2016年買ってよかったもの

2016年色々買いましたが、特に印象に残っている5つを。

ブラントの傘

どんな暴風雨からもしっかり守ってくれる世界最強の傘と宣言するBLUNT。見た目が特徴的なので、傘立てで目立つのが一番気に入っているポイントです。

牛とろフレーク

ごはんに混ぜ混ぜしてわさび醤油と海苔をかけるだけで、極上の丼が完成します。 ネギトロ丼とは違った牛の濃厚な味が滅茶苦茶美味しいです。 結構お値段が張りますが、200gの量でかなり楽しめますので、お値打ちだと思います。

キューブル

「衣類も空間も美しくする」というキューブル。 箱型でシンプルな形に一目惚れして購入していまいました。

乾燥機能は最高です。もう洗濯物は干せません! 電気代も1回数十円なので、毎日乾燥機能を使い倒しています。キューブルは乾燥機能が低いそうですが、それでも十分満足です。  

ティファール電気ケトル

給湯のイノベーションです。ヤカンで沸かせばいいのでは?と思っている人は大いに反省する必要があります。事故の危険は無いし、すぐにお湯が沸きます。お陰でお茶やコーヒーを飲む機会が増えました。

iPhone7

ApplePay以外は、大きな変化がないと言われているiPhone7ですが、iPhone6使いだった私にとっては衝撃でした。 動作はキビキビ。画面をタッチするとまるで生きているかのようにブルブル震える。ApplePayは便利すぎてクレジットカード乗り換えるほど(ただし、在来線から新幹線に乗り換えるときはお前は役立たずだ)。

 

オブリーク・ストラテジーズ

オブリーク・ストラテジーズとは、ラテラル・シンキング(水平思考)を使って、アイディアを出すためのカード。 カードには、抽象的で何を言っているのか一見分からないが、含蓄のある言葉が書いてある。

  • Use an old idea.(古いデータを利用しろ)
  • Take away the elements in order of apparent non-importance(重要じゃない順番から、要素をとってみて)
  • Imagine the music as a series of disconnected events(切断された一連のイベントとして、音楽を想像してみて??)

なお、ラテラル・シンキングを利用したアイディア発想法では、「オズボーンのチェックリスト法」の方が圧倒的に有名ですかね。

www.oblicard.com

オブリーク・ストラテジーズのカードがオンライン上で参照可能

gigazine.net

日本語による紹介。