読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IE6についてそろそろ言っておくか

IE 6のシェアがジャスト20%:いよいよ退場するIE 6に開発者は何を思う - builder by ZDNet Japanによれば、IE利用者はまだまだ多く存在することを示している。ウェブ利用者は母数が大きいため、実際にはかなりの人が利用していると容易に推測できる。

この根強い人気ゆえ、それがWeb制作の頭痛のタネになっている。なぜなら、IE6は新しい規格に対して対応できておらず、余計な手間がかかるため。その他最新ブラウザにあわせてサイトを制作したとしても、IE6のせいで正攻法ではないやり方で修正することが多々あるから。最悪の場合、IE6に対応できない場合もある。でも、ユーザー数が多いから無視できる存在ではない。じゃあどうするのという話になって、エンジニアはIE6嫌いになる。問題の元凶であるIE6さえなければ問題は起らないと考えるようになる。その結果、普段は善良で優秀なエンジニアが、アナログ停波にひっかけて画面の端に「アナログ」と出してみたり、モノクロ画面にしてみたりと(私から見れば)IE6ユーザーを馬鹿にしたような行動をしてしまうようになる。

以降は推測の域をでないのだが、一番の問題はIE6の以降先としてIE7が薦められないことにあると思う。そして、その原因はほとんどUIにあると思う。IE7以外では見慣れないUI。タブブラウザになってしまったという二点が主な原因だと考える。

まずはUIに関して。IE7のUIは非常に独特で他に似たようなUIを見たことがない。これだけでも薦めづらいが、さらに、VistaのUI、Office2007のリボンでさえ、使いづらいという人がいるという事実(私には信じられないが)。もしかしたらITに対してあまり詳しくない層は、急激な変化を嫌うのかもしれない。

例えば、

窓の杜 - 【NEWS】Office 2007のインターフェイスを使い慣れた旧バージョンのスタイルに変更

というソフトウェアがあるのだが、Office2007からUI取ったら何が残るんだ。そんなに2007のリボンダメですか? と聞きたくなる。

以下は、UIの急激な変化が、変わらないために変わることさえも促してしまうという奇妙な例。

その方針を変更したのは「MS Officeが2007で全面的に変わってしまった」(本島氏)ためだ。「ユーザー・インタフェースが変わり,標準のファイル形式もdocxなどに変わった。職員の教育が必要。全庁でライセンスを購入しているわけではないので一斉にOffice 2007にそろえることができない」(同)。

Office2007に移行するよりは、2003のUIに比較的近いOpenOffice.org3を選択した方が、教育コスト、金銭コスト、MS依存、補助金(?)…を考えたときに長期的にメリットがあるよねと判断した例だから、例として適切ではない。でも、Office2007におけるUIの変化によって、教育的な面でのコストが1つ大きな問題になっていることは間違いない。

この辺りを考えると、既存のソフトウェアのUI変化ってのは前の商品の文化を尊重しつつ、地道に改良するのがいいのではないかと思う。mixi、delicious、はてなブックマーク、MSOffice、TumblrFirefoxTwitter辺りを見ていると、既存のものを否定して一からデザインしなおす文化よりも、既存のものを尊重し微妙に改良していくほうが成功しているように気がする。delicious、FirefoxTumblrは機能追加やリニューアルをしつつも、既存のものを微妙に改良していって満足度を上げている気がする。でも、先進的なユーザーが多いソフトウェアだから評価も難しいが。

次に、UIと同じ議論も含まれるのだけれども、タブブラウザに関して。一部の先進的なユーザーは自分が便利だからという理由で、IEのSDI(Serial Digital Interface)を馬鹿にしてきた。でも、SDIにはSDIの良い面がある。構造が単純で把握しやすいという大きな利点がある。一度に多くのタブを開かないようなユーザーにとっては、SDIでも問題はない。むしろ無理にタブブラウザに移行させる方が大変だろう。SDIのIE6がIE7ではタブブラウザに変身してしまった。SDIが好きなユーザーにとっては、引越し先を失ってしまったことになる。

この辺りを上手く理解していると思われるのがSafari。標準ではSDIとして動くが、Ctrl+Tを押せばタブブラウザに早変わり。Expose(?)があるせいで、SDIでも問題ないという話もあるけど。IE7もこのようなアプローチをなぜとってくれなかったのかと思ってしまう。

まとめると。IE6嫌いの非難の矛先が間違っているように感じる。本来は、MS(もしくはタブブラウザを散々煽ってきたWebユーザー)に対して向けられるべきだと私は思う。そんなわけで、MSは中身はIE7、皮はIE6のIEを出せばいいと思う。